離婚におけるお金のこと、裁判のこと、丁寧に説明します。

離婚手続きは難しくない

離婚するにあたり、財産分与や、子供の親権養育権など決め事がたくさんある

結婚する時よりも離婚する時の方が大変だとよく世間的に言われています。しかし、実際には、それほど大変なことではありません。裁判沙汰になってしまった場合は費用もかかり、離婚手続きも難しくなってしまうものですが、通常、離婚届を提出するだけのことです。

まず、いろいろな決め事を決める必要があります。特に、子どもが居る場合や財産がたくさんある場合などは、決め事がたくさん出てきてしまうので注意が必要です。養育費や親権などを決めていくことになります。財産分与でもめることもあります。住宅や車といった二分にできないような財産は、厄介です。

弁護士に依頼すると公平に話を進めてくれる

話し合いで決まらない場合には、間に離婚で評判の弁護士を入れて相談してみるというのもいいかもしれません。その方が公平に話を進めることができるからです。

別れた後にそれぞれが住む住まいの確保なども決める必要があります。住所変更をしたり、妻側は苗字が元に戻ることがほとんどです。銀行や郵便といったものの名義変更も必要になります。これは、離婚手続きが終わってから行うことになります。

金銭的なことで裁判を起こす場合は弁護士に任せる

養育費や親権、財産分与といった金銭的なことで裁判を起こすことになった場合には、弁護士が様々な手続きをすることになります。全ての決まり事が決まった時点で書類を用意し、必要なところへ提出することになるので、全て任せてしまった方が楽です。

基本的には、夫婦が行うべき離婚手続きは離婚届を役所に提出するだけです。婚姻届を提出した時のように、必要書類に必要なことを記載し、提出するだけなので、それほど手間はかかりません。

どちらかと言うと、それまでの話し合いや、離婚後の引越し、子どもの転校手続きといったことなどの方が時間を取られ、手間がかかるものです。

最新記事