不倫されて離婚する際の慰謝料相場とは

不倫後、婚姻関係継続か離婚か、また相手が既婚者と知っていたか、婚姻関係の期間により慰謝料の相場が変わってくる

配偶者が不倫をしていた場合、相手に対して慰謝料が請求できると法律で決まっています。
しかし、慰謝料で支払われる金額は状況や内容により様々で、明確な基準はありません。しかし、過去の判決例を見てみることによって、大体の相場金額を計算することができます。

まず、最初にチェックするべきポイントは「不倫後の婚姻関係の継続」についてです。発覚後も婚姻関係を継続する場合は、相手への慰謝料相場は50〜100万程度と言われています。
発覚後、別居や離婚に至った場合は金額があがり100〜300万程度請求することが可能となります。また、期間が長いほど慰謝料の額は像がする傾向にあり、相手が既婚者と知っていればさらに増額が見込めます。婚姻関係が長く続いていた場合も慰謝料の相場は高くなっています。これは、婚姻期間が長ければ長いほど、不倫被害者側が離婚後の再出発を行うことが困難になるからという配慮による判決です。

不倫を立証できる物的証拠や、精神的苦痛を主張する診断書などの材料を多く持ってることで慰謝料が増額する

また、慰謝料を増額したい場合に大切なことは事実を立証できる物的証拠や主張できる材料を多く持っていることです。配偶者と相手のやりとりしていたメールや写真、出掛けていたことがわかるレシートなどどんな小さなものでもいいので、しっかりと集めておきましょう。

また、精神的な苦痛の主張には精神衰弱やうつ病などの診断書が有効です。このようなものが多く提出されればされるほど、相手へ請求できる金額は上がっていくでしょう。
被害者である以上、慰謝料をもらうまでの期間は心も衰弱し、辛い日々が続くかもしれません。けれど、離婚後の再出発をよりよいものにするためにも慰謝料の相場をしっかり把握してなるべく多く相手に請求できるような準備を行っていきましょう。