協議離婚がだめなら裁判離婚で

協議離婚で決裂したら裁判離婚で司法の判断にゆだねる

夫婦二人が話し合いで離婚をすることを協議離婚といいますが、その話し合いが決裂してしまいどうしても話し合いができないときにどちらか一方が離婚に対する裁判を、裁判所に提起することによって裁判離婚となります。
離婚の妥当性や提起した側の言い分、提起された側の言い分を裁判によって判定してその離婚が妥当なものか司法の判断にゆだねる方法です。裁判官はほとんどの場合和解を進めてくることが多い様です。つまり元のさやに戻ってはどうかという提案です。
裁判には多くのお金が必要となりたとえ判決で離婚を認める判決が出たとしてもその判決を勝ち取るためには相当の時間が必要になってきます。またその判決を得られるまで精神状態が持つのかも不安なところです。

子供がいる場合の離婚は、親権や養育費のことなど十分な注意が必要

一方でどうしても離婚をしたいという人たちは、離婚の決定はもちろんのこと慰謝料や養育費など離婚をした後のことも考えて裁判に臨んでいる人も多くなっています。いずれにせよ自分の人生なのですから、自分の思うとおりにするというのが正解なのかもしれません。
特に子供をお持ちの方の離婚は十分な注意が必要で、裁判を行う場合親権のことや子供の養育費のことなどを考えて裁判に臨まなければなりません。

裁判に臨むには弁護士に依頼して、自分の離婚をプラスに持っていきましょう

裁判となると自分一人で立ち向かうことは大変に困難を極めますので、これを得意とする弁護士さんなどとよく相談して裁判に臨むほうが賢明な方法です。離婚が成立したのならなるべく早い段階で自分の要求を相手側にしめしましょう。相手側も大きな要求なら退けてくると思いますが、相手側が可能な範囲での要求をすぐに示せば、すぐにその要求に乗ってくる可能性が大きくなります。
誰も裁判などしたくないのですから。なるべく自分の離婚をプラスに持っていくようにしましょう。