子連れ離婚で重要なことは何か

子供が義務教育中の離婚は、子供が妻側に行っても養っている夫側が養育費を払う

子連れ離婚の場合、裁判沙汰になってしまうことが少なくありません。特にもめてしまう原因としては、慰謝料や養育費、親権などが挙げられます。
夫婦としての生活が無理と判断されことによって離婚を決意しても、子どもだけは自分のものにしたいと考える親が増えてきています。もちろん、子どもには何の罪もありません。また、子どもの年齢にもよります。まだ義務教育中という身である場合、どうしても親の存在が必要になります。
お金も当然、まだまだかかります。だからこそ、養育費というものが必要になってくるというわけです。一般的には、養っている夫側が養育費を支払うことになります。子どもが妻側に行ってしまってもです。

通常親権は妻側、養育費は夫、夫婦が揉めて子供に精神的負担をかけないために第三者に介入してもらう

一方、親権は通常、妻側になることが多くなっています。と言うのも、小さな子どもにとって母親の存在は必要不可欠だからです。特に母親側に相当な問題がなければ、母親側に親権がいくようになっています。養育費は夫、親権は妻というように分かれてしまうことでもめることが多くなっています。
そのため、子連れ離婚を決意するには相当な覚悟が必要です。円満に話し合いで決まることももちろんありますが、あまりにももめるようであれば、第三者に介入してもらった方が効率的です。この時の注意点としては、子どもにも負担がかかってしまうことがあるという点です。両親が自分のことでもめているということが子どもに分かってしまうと、精神的負担を与えてしまいかねません。

また、養育費は毎月、指定口座に振り込むのか、最初にまとめて貰っておくのかというように、妻側はしっかり決めておく必要があります。毎月振り込みという形にしておくと、次第に振り込まれなくなってしまうというトラブルも多いため、子連れ離婚は様々な支障が出ることもあります。