近年の離婚原因について

離婚原因は、最近増加している離婚原因は、女性の社会進出による家庭内の夫婦喧嘩から

近年は晩婚化が進んでおり、結婚を希望していない若者の割合が増加傾向にあります。また結婚をしても3組に1組は離婚するような事態にまでなっており、それによって母子家庭が増えたり子供の貧困化などの現象が起こっており社会問題にもなっています。
離婚原因には人それぞれ違っていますが、一般的に多いのは価値観の違いや金銭問題、不倫や浮気などがあります。その中でも最近多くなっているのが女性が社会進出したことにより、家事や育児をする時間が少なくなりそれがきっかけで夫と喧嘩になり離婚することです。

例えば女性が結婚して仕事を続けている場合でも日本人の男性は家事や育児は女性の仕事であるという認識を持っている人が多いです。これによって女性が仕事から帰ってきても家事などは何もしないでリビングでくつろいでいると女性は夫にも家事をするように注意をします。しかしそれでも夫が協力をしない状態が続いていると女性にとって夫という存在が邪魔になり必要なくなってしまうのです。
独身ならば夫もいないので家事の負担が増えることもないし、仕事をしていれば経済的にも困ることはないため離婚をすることになってしまいます。

仕事持っていれば経済的不安もなく、離婚して独身に戻るケースは多くなっている

このような状況の世帯が増えており、女性にとって結婚により負担を背負うことになっているため独身で生活をすることを続けたり、離婚して独身に戻るケースが多くなっています。
もし子供がいない夫婦の場合は離婚をしてもあまり影響はないかもしれませんが、子供がいる場合は親の離婚はあまりよい影響があるとは言えないので慎重に判断することが重要です。金銭問題や暴力などの問題でない限りは子供の将来のことも考えて親としての責任を果たすことが必要です。